イベント

七夕の由来を簡単に!子供向けに話すならこう伝えよう!

七夕の由来

夜空に浮かぶキレイな天の川。
7月7日、そこで織姫と彦星は年に1度の再会を迎える…。

あなたも子供の頃に、幼稚園の先生や親御さんからこのような話を聞いたと思います。

ですが、いざ自分の子供に「七夕ってどういう日?」「誰にお願いごとをしてるの?」と聞かれると、うっ…と言葉がつまってしまいますよね(^-^;

古来からある伝統的な行事を、子供にきちんと伝えるために、親である私たちも今一度その由来について勉強しておきましょう。

この記事では七夕の由来と、簡単に子供向けに話すポイントをお伝えしていきます。

スポンサードリンク

七夕の由来を簡単に説明!

七夕の起源には色んな説があるのですが、

・日本の神事である『棚機(たなばた)』
・織姫と彦星の話『七夕(しちせき)伝説』』
・中国から伝わった行事『乞巧奠(きこうでん)』

の3つがあわさったものだと言われています。
では、その1つずつを詳しくみていきましょう。

棚機(たなばた)

棚機とは、日本最古の歴史書と言われる『古事記』より伝わる、日本古来の神事です。

その昔、秋の豊作を願ったり、けがれを払うために、人々は神様に神聖な着物をお供えしていました。
その着物を織るお役目をつとめるのが『棚機女(たなばたつめ)』と呼ばれる女性。

その選ばれた女性は、清らかな水辺にある小屋に1人でこもって、神様のために心をこめて着物を織るのです。
その時に使う織り機のことを『棚機(たなばた)』といいました。

やがて仏教が伝わると、この行事はお盆を迎える準備として7月7日に行われるようになり、今に引き継がれているわけです。

七夕伝説(しちせきでんせつ)

中国から伝わってきた『七夕伝説』は、よく耳にする、織姫と彦星のお話しです。

旧暦の7月7日、天の川を挟んで、琴座のベガと言われる『織女(しゅくじょ)星』とわし座のアルタイルと言われる『牽牛(けんぎゅう)星』が最も光り輝いて見えることから、中国ではこの日を1年に1度のめぐりあいの日と考え、織姫と彦星の話が生まれたわけです。

乞巧奠(きこうでん)

乞巧奠(きこうでん)は、中国で行われている行事のことです。

織姫がはた織りがとても上手だったことから、それにあやかって、はた織りや裁縫が上達するようにと旧暦の7月7日に、お祈りをするようになりました。

やがて時が経つにつれ、はた織りだけでなく芸事や書道などの上達も願うようになり、この風習が日本の七夕に願い事をする起源となりました。

スポンサードリンク

七夕の由来を子供向けに伝えるなら

先ほどの3つの話を踏まえ、子供に伝えるならもう少し言葉をかみくだいて、話してあげないといけないですね。

先ほどの七夕物語の動画を一緒にご覧になるのも良いですし、話をしてあげるなら…と思って簡単にまとめてみました。

夜空にキラキラと輝く天の川のほとりには、天の神様が住んでいました。
天の神様には、1人の娘がいて、名前は『織姫』といいます。
織姫は、はたを織るのがとても上手で、神様たちの着物を作るお仕事をしていました。

そんな織姫が大人になった頃、天の神様は織姫にお婿さんを迎えてあげようと思い、牛の世話をしたり、畑仕事をしたりと休む間もなくまじめに仕事をしていた『彦星』をお婿さんに選びました。

2人は結婚をして楽しい生活を送るようになりましたが、それからというもの仕事をせずに、遊んでばかりいるようになりました。

怒った神様は、罰として2人を天の川の東と西に無理やり引き離しました。

それからというもの、織姫は「彦星様に会いたい…」と毎日泣き続け、はたを織りませんでした。
彦星も、家に閉じこもってしまい牛の世話どころではありません。

困った神様は、「では、1年に1度だけ2人が会うことを許そう」と7月7日に2人が会うことを許しました。
それから2人は会えるその日を楽しみに、一生懸命仕事に励んだのでした。

この話から

  • 普段やるべきことを疎かにしてはいけない
  • 楽しみにしている日のために、毎日頑張ること

ということを、お子さんに話してあげるといいですね。

また、お子さんから「雨が降ったら2人は会えないの?」という質問もあるかもしれませんね。
実は、うちの子供からも聞かれたことがありました。

そんな時は

雨が降ると、天の川は水かさが増して織姫は天の川を渡ることができません。
しかし、カササギという鳥が飛んできて天の川に橋を作ってくれるので、雨の日でも2人は無事に会うことができるので安心してね。

と伝えてあげてくださいね。

スポンサードリンク

七夕の短冊にお願いごとを書くのはなぜ?

短冊に願い事を書いて笹に吊るす風習は、江戸時代から始まりました。
先ほどお伝えした中国の乞巧奠(きこうでん)が元々の由来で、『習い事の上達』を願うことが本来の考え方です。

私自身が子供の頃にも、学校の先生から「自分が上手になりたいことを書きましょう」と言われ、「字がキレイになりますように」とか「計算が早くなりますように」…等の願い事を書いたことを覚えています。

最近ではそのことを知らない人も多いようですが、もしお子さんに由来を聞かれた時は、乞巧奠のお話しをしてあげてくださいね。

スポンサードリンク

さいごに…

こうして改めて七夕について勉強してみると、忘れていたことや、新しい気づきもあったかと思います。

七夕の日には、夜空を眺めながらお子さんとこのようなお話しをしてみるのも良いですね。

そして、雨が降っても2人はきちんと会えていることを伝えてあげると、雨の七夕でもがっかりしないと思いますよ♪