芸能

トニトニがJrではなくデビューメンバーになったのはなぜ?納得いかないと批判殺到!

滝沢歌舞伎映画で岩本照復帰か?伊野尾不参加発言も軽部さんが訂正!

ジャニーズ事務所が、所属タレント総勢76人で特別ユニット「Twenty★Twenty」を結成し、滝沢秀明副社長プロデュースでチャリティ活動を開始することを発表しました。

トニトニはジャニーさんが生前から構想してきたユニットで、当初はデビュー前のジャニーズJr.を起用することが考えられていたのですが、なぜか発表されたのは違うメンバー。

これにファンからは非難の声が続出しています。

今回は『トニトニがジャニーズJrではなくデビューメンバーになったのはなぜ?納得いかないと批判殺到!』ということで、情報をまとめました。

スポンサードリンク

ジャニーズ事務所がトニトニの活動とメンバーを発表!

現在の日本の情勢を考え、チャリティプロジェクトとして期間限定ユニット『Twenty★Twenty』の活動を発表したジャニーズ事務所。

そのメンバーがこちらになります。

  • V6
  • KinKi Kids
  • NEWS
  • 関ジャニ∞
  • KAT-TUN
  • 山下智久
  • Hey! Say! JUMP
  • Kis-My-Ft2
  • Sexy Zone
  • A.B.C-Z
  • ジャニーズWEST
  • King & Prince
  • SixTONES
  • Snow Man

ジャニーズで活躍する15組のアーティストが集結する形となりました。

 

スポンサードリンク

トニトニがジャニーズJrではなくデビューメンバーになったのはなぜ?

当初、トニトニは2020年の東京オリンピックを盛り上げるため、ジャニーズJr.のメンバーから20人+20人の計40人が選ばれるという話が出ていました。

これには、滝沢秀明副社長も

「ジャニーが生前2020年東京オリンピック開催にあたり期間限定ユニットTwenty★Twentyを結成するとの壮大なプロジェクトがございました。しかし東京オリンピックは来年に延期となり、この様な情勢下、2020年Twenty★Twentyプロジェクト、グループ名は消滅しかけていました。ジャニーが残したこの最後のグループ名は、今このような状況だからこそできる事があるはずと想いを新たに、役回りは変わりましたが、Twenty★Twenty、ジャニーの集大成として社会貢献できればと思います。」

引用元:オリコンニュース

このように、ジャニーさんが生前から考えていた壮大なプロジェクトであったことを話しています。

ですが、コロナウイルスの影響で2020年に開催予定だったオリンピックが2021年に延期。

さらに、現在のこの日本の情勢を考えた時に、今だからできることを…と考え、デビューメンバーで結成したようです。

 

スポンサードリンク

トニトニのメンバーがJrでないことに批判の声

当初から、このトニトニ構想を知っていたファンからは非難の声が殺到しています。

 

スポンサードリンク

トニトニメンバーがJrでないことを擁護する声も

ですが、一部ではこのような声も。

 

トニトニがジャニーズJrではなくデビューメンバーになったのはなぜ?納得いかないと批判殺到!まとめ

今回のトニトニ発表には、私も正直ビックリしました!

「あれ?当初の話しと全く違うよね?」とか「チャリティユニットなら、Jフレンズ名義や他の名前でも良かったのでは?」とも思いました。

ですが、数々のファンの方の反応を見ていて、確かにチャリティユニットとしてすぐに活動できるのはデビューメンバーだよな…という点に納得。知名度もありますしね。

でも、Jr担さんたちは「トニトニ」にずっとずっと期待していた部分も大きいので、その気持ちをまた何か別の形で喜びに変えてあげてほしいなと勝手ながら思っています。