生活

LINE新型コロナ全国調査とは何?届かない時や本物か詐欺か確認する方法

東京アラートが発動されたらどうなる?仕事や学校外出制限は?

厚生労働省に協力して「LINE」から国内ユーザー8,300万人を対象とした第1回「新型コロナ対策のための全国調査」が行われています。

ですが、この調査を知らなかった人からは「これは詐欺?」「本当に大丈夫?」という声が続出し、怖いため回答しなかったという人もいらっしゃいました。

そこで『新型コロナ対策のための全国調査』とは何なのか?本物かどうかチェックする方法をご紹介します。

スポンサードリンク

LINEの新型コロナ対策のための全国調査とは?

現在、コロナウイルスの国内での状況を把握するために、厚生労働省に協力してLINEが国内のユーザーを対象に「新型コロナ対策のための全国調査」を行っています。

これは、居住エリアや症状などを回答してもらい、それを集計して厚労省と共有。

コロナウイルスの感染拡大を防ぐために活用されるものです。

 

スポンサードリンク

新型コロナ対策のための全国調査が本物か確かめる方法

こちらは、開始前の3月30日にアナウンスがあったのですが、広く浸透していないようで「本当にLINEからの調査?」と心配されている方もいらっしゃる方もいらっしゃると思います。

そんな時は、LINE公式アカウントから送られて来ているかどうかを確認すると良いですよ!

LINEコロナ調査

LINEの公式アカウントには、緑のバッチが付いていますので、そちらをチェックしておきましょう。

 

スポンサードリンク

LINEで新型コロナ対策のための全国調査が届かない!

第1回のアンケートは3月31日から4月1日に行われる予定です。

3月31日から随時配信されているのですが、友達には届いたけど自分にはまだ届いていないという状況が散見されています。

実際に、我が家でも主人には午前中に届いていましたが、私にはまだ届いていないといった状況です。(その後、届きました!)

こちらについては、一斉配信ではないため、時間差で届くものと思われますので、しばらく待ってみてください。

中には、LINE公式アカウントをブロックや非表示にしていたため、送られてこなかったという人もいました。

念のため、ブロックリストなどをチェックしてみてくださいね。

あと、LINEのホーム画面上部に表示されている場合もありますので、そちらも併せてチェックしてみてください。

 

スポンサードリンク

LINEの新型コロナ対策のための全国調査は答えないとダメ?

今回、SNSを見ていると「怖いから答えたくない」「なんで住所まで教えないといけないのか」といった声が多く見られました。

もちろん、答えたくない人に強制するものではありません。

ですが、住所を記入したりする必要もありませんし(郵便番号か市名までの回答)、情報の取り扱いについては、公式に次のように記載されています。

『調査に回答したデータは統計処理され、個人が特定されることはありません。また、取得したデータは本目的における調査・分析後、速やかに破棄されます。』

引用元:LINE

今、国内のコロナウイルスの感染者が増えている状況を考えると、1人1人の回答が参考になると思います。

実際に回答してみると、設問は全部で10個で、選択制。

2分もかかったかな?というくらいの簡単なアンケートでした。

 

LINE新型コロナ全国調査に回答された方の声

次回は、4月5日(土)に調査を予定しているそうです。

協力できる方はやってみてください。