生活

トイレットペーパー買い占めデマ情報元は誰かtwitterで特定される!

トイレットペーパー買い占めデマ情報元は誰でどこから?原因理由はTwitter?

コロナウイルスの影響でマスクや消毒液が品薄になっている中、トイレットペーパーの買い占めによって品切れする店舗が多くなっているようです。

なぜ、トイレットペーパーの買い占めが起こってしまったのか?いったい誰が情報元でそんなデマを流したのか?と話題になっています。

そこで、トイレットペーパー買い占め問題のデマ情報元は誰でどこから始まったのか調べてみました。

トイレットペーパー買い占めはデマ!

今回のトイレットペーパー買い占め問題は特定の地域で起こっていると思っていたら、我が町でも同じような状況が起こっていました!

店から出て来たおばあちゃんが「娘から聞いたんだけどね…」とトイレットペーパーが品薄になるという情報を友達に伝えると、みんな2袋ずつトイレットペーパーを手にして持って来る…という。

あぁ、今ネット上で起こっているデマ拡散の縮図がこれだな…と思って見ていました。

今朝、テレビでも言っていましたが今回のトイレットペーパー買い占め問題の元は

  • マスクとトイレットペーパーの原材料が一緒だから、そのうちトイレットペーパーも無くなる
  • 日本で売られているもののほとんどが中国製で輸入できず品切れになる

という情報が出回ったからだそうです。

ですが、製紙会社の方の回答は以下の通りでした。

  • トイレットペーパーの元はパルプでマスクの原材料とは違う
  • トイレットペーパーは国内での生産が97%と多く、中国からの影響はない

つまり、全く根拠のないデマが拡散されてしまったということです。

 

トイレットペーパーデマの情報元は誰?

もうすでに、情報元が特定されていました!


どうやら「ゆうじ」さんという方が、デマを流したと画像付きで報告されています。

そして、現在はアカウントを削除。

「根拠付きでお伝えします」と言われてしまうと、さすがに皆さん不安を煽られてしまいますよね…。

 

トイレットペーパーデマに転売ヤーも混乱!?


このデマが拡散されて、次のような問題も起きていました。

転売ヤーがトイレットペーパーを高額出品


マスクに引き続き、転売ヤーたちがトイレットペーパーも高額出品しているようですね。

ですが、ドラッグストアの店員さんもメッセージを発信しておられますが、すぐに次の入荷があるので品薄で買えなくなるということは避けられるようです。

ということは、転売ヤ―たちも今回のデマ情報に流されてしまったということですね…。

こういうことを避けるためには、お店の店員さんに聞いてみるのが一番だと思います。

私も聞いたら「あ、また明日には入ってきますよ~」と言われましたから。

お店によっては1人1個と制限されているようですから、この混乱はすぐ解消されると思われます。