ニュース

青森県八戸市コロナウイルス感染70代夫婦の入院先病院はどこで感染ルートは?夫がスペインから帰国

緊急事態宣言愛知県はいつ出る?名古屋飛ばし河村市長が政府に申請

青森県で、初のコロナウイルス感染者が確認されました。

今回、感染が確認されたのは青森県八戸市に住む70代夫婦ということです。

夫はスペイン旅行から帰国後、PCR検査で陽性反応。その後、妻も感染したとみられています。

今回は、青森県八戸市でコロナウイルスに感染した70代夫婦の入院先病院はどこで、感染ルートなどについて情報をまとめました。

青森県八戸市70代夫婦がコロナウイルスに感染

今回、コロナウイルスへの感染が確認されたのは青森県八戸市の70代夫婦ということです。

会社役員の夫がスペイン旅行から帰国後に、PCR検査で陽性反応。

その後、妻も感染が確認されたということです。

まず、夫の70代男性の病状の経緯としましては

  • 3月9日~15日までスペイン旅行(ツアーで14人参加)
  • 3月16日に、成田空港到着。新幹線で八戸市へ帰宅。
  • 3月17日に、咽頭痛。職場で書類整理(他の社員は不在)
  • 3月18日に、発熱。
  • 3月19日に、A医療機関を受診。自宅周辺を散歩
  • 3月20日に、喉に軽度の違和感あり。職場で書類整理(他の社員は不在)
  • 3月21日は、体調良好
  • 3月22日に、B医療機関を妻と一緒に自家用車で受診
  • 3月23日に、陽線反応

ということです。

また、奥さまである70代女性の病状経緯は

  • 3月18日に、咽頭痛
  • 3月19日に、咽頭痛と倦怠感がありC医療機関を受診。夜に37℃台の熱
  • 3月20日に、咳と熱っぽさあり
  • 3月21日に、熱が37.8℃
  • 3月22日に、咳と熱があり夫と一緒にB医療機関を受診
  • 3月23日に、陽性反応

ご夫婦2人で暮らしておられるということですが、お2人とも高齢でいらっしゃるので体調が心配ですね。

また一緒に旅行されている方も感染の可能性があるので、まだまだ経過観察が必要なようです。

 

青森県八戸市の70代夫婦の入院先の病院はどこ?


今回、青森県八戸市で感染が確認された70代のご夫婦が入院する病院はどこになるのでしょうか?

青森県県では、第一種感染症指定医療機関に青森県立中央病院が指定されています。

この他に、第二種感染症指定医療機関としては以下の病院が指定されています。

  • 弘前大学医学部附属病院
  • 八戸市立市民病院
  • 青森県立中央病院
  • 独立行政法人国立病院機構青森病院
  • つがる西北五広域連合つがる総合病院
  • 十和田市立中央病院
  • むつ総合病院

八戸市でしたら、八戸市立市民病院が近くにありますね。

ですが、記者からの「市民病院に入院しているのか?」という質問に対しては、明言を避けました。

 

青森県八戸市コロナ感染まとめ

岡山県でもスペイン旅行帰国者からの感染報告があったので、やはりしばらくの間は海外旅行は控えたほうが良いのかもしれませんね。

お2人とも肺炎の症状はひどくないということでしたので、このまま回復されるといいですね。

まだまだ感染者が増え続けているコロナウイルス。不要不急の外出は引き続き控えていきたいですね。