ニュース

有田病院50代男性外科医師は誰で名前特定?院内感染の恐れも感染ルート把握できず

コロナ感染者数都道府県一覧まとめ【随時更新】

和歌山県湯浅町の済生会有田病院に勤務する50代の男性医師が、新型肺炎(コロナウイルス)に感染していることがわかりました。

しかも、同じ院内で発熱などの症状があった医師や患者らが数名いると言うことで、院内感染の可能性も出てきました。

今回、新型肺炎に感染していた50代の男性外科医は誰なのでしょうか?

医師の感染ということで、患者さんと接する機会も多いので怖いですね。

コロナ感染者数都道府県一覧まとめ【随時更新】
新型肺炎で国内初死亡神奈川県80代女性誰で名前は?病院やコロナ感染ルートは?猛威をふるっている新型肺炎(コロナウイルス)ですが、残念なことに国内初の死亡者が出たとの報道がありました。 神奈川県に住む80代の...

和歌山件有田病院の外科医師男性が新型肺炎に感染


今回、新型肺炎の感染が確認されたのが和歌山県湯浅町の有田病院に勤務する50代の外科医師の男性です。

1月31日に発熱や全身の倦怠感があったものの、3日から5日まで解熱剤を服用して勤務していたということです。

その後検査を経て10日から入院。13日に新型肺炎に感染していることが判明しました。

症状を感知し始めてから約2週間が経過していたということになりますね。

この50代男性医師は、中国への渡航歴はないということで、国内で感染したと思われます。

 

有田病院の男性外科医師の名前は誰で特定?


和歌山県の有田病院の外科医師との発表はありましたが、医師の名前は公表されていません。

こちらの病院の患者さんなら、もうわかっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

病院HPでも医師の情報が見られるようになっていますが、外科と一言に言っても「整形外科」「脳神経外科」など複数の科がありますし、非常勤の先生もいらっしゃるため特定は難しいかと思われます。

 

有田病院ですでに院内感染?感染ルートは?


HPによると医師は現在、常勤・非常勤合計で39名いらっしゃるそうですが、そのうちの別の医師1名と、患者3名に同様の症状が見られ、1人は陰性だったそうですが、残りの方はまだ検査結果が出ていないとのことでした。

今後、新たな感染者が出てくる可能性もありますね。

外来患者の受け入れはストップするということですが、すでに感染はしているが症状が出ていない人もいるかもしれません。今後も注意が必要です。

1月18日から2月13日にかけて有田病院に来た患者さんには院内に設けた「接触者外来」を受診してもらうよう呼び掛けているようです。

もしご自身が身内の方にいらっしゃるようでしたら、声をかけてあげてくださいね。

和歌山県では医師が中国への渡航歴がないことから、感染ルートを調査すると言うことですが、いったいどこまで特定できるのか…。

今後、感染が広がらないように病院内の管理体制も問われます。