ニュース

愛知県豊橋市狂犬病発症者は誰で経路は?他人への感染は大丈夫?

摂津市1500万還付60代男性は誰?事務ミスで過大還付!

愛知県豊橋市で、フィリピンから来日した方が狂犬病発症を確認したとの報道がありました。

昨年9月ごろにフィリピンで感染したとみられるということですが、狂犬病は人から人への感染などは大丈夫なのでしょうか?

今回は『愛知県豊橋市狂犬病発症者は誰で経路は?他人への感染は大丈夫?』ということで、情報をまとめました。

スポンサードリンク

愛知県豊橋市で狂犬病発症者を確認

愛知県豊橋市で、フィリピンから来日した方が狂犬病を発症していることが確認されたとの報道がありました。

この方は、昨年の9月にフィリピンで犬に噛まれたことがあるということで、国内で狂犬病発症者が確認されるのは非常に珍しい事態です。

市長が17時から会見を開き、今回の件について報告しました。

日本国内では、14年ぶりの発症者の確認となるそうです。

保健所からの情報では

  • 令和元年9月にフィリピンで噛まれた
  • 今年2月に就労のためフィリピンから来日
  • 5月11日から症状を確認
  • 豊橋市内の医療機関を受診、その後ICUに入院

ということですが、現在は容態は安定しているということです。

 

スポンサードリンク

愛知県豊橋市の狂犬病発症者は誰?

愛知県豊橋市で狂犬病発症が確認された方ですが、現時点ではこの方がどのような経緯で日本に来られたのかわかっていません。

保健所からの報告によると、発症者は普段は静岡市にお住まいということですが、これ以上の詳細は控えさせていただきたいと言うことでした。

また、当初「男性」「外国籍」などの報道が先に出ましたが、こちらに関して会見では「そのようなことは言っておりません」と否定していたことから、確認が取れる前に、一度報道が出た可能性があります。

記者が色々と質問をしていたのですが、同意が取れていないこともあり公表できない点が多いようです。

 

スポンサードリンク

狂犬病は人から人へ感染する?

狂犬病は、哺乳類すべてが発症する可能性がある病気です。

ですが、人から人への感染はないので、「心配することはない」と市長もお話しておられました。

潜伏期間は一般的には約1~3ヶ月ということですが、それより後に発症した事例もあり、今回の方は昨年9月の感染が疑われています。

また、感染力は弱いですが、死亡率は高いということで、感染が確認された方の容態が心配です。

狂犬病に関する詳細は、厚生労働省のHPに記載されておりますので、こちらをご確認ください。

 

スポンサードリンク

日本での狂犬病発症者確認に世間の反応は?