ニュース

持続化給付金幽霊法人サービス協議会代表理事は誰で事業内容や住所はどこ?

高野隆弁護士が宮崎駿に似ている!弁護士費用や経歴は?

持続化給付金の事業を経産省から委託された一般社団法人が、幽霊法人であったことが週刊文春によって報じられました。

この事業を請け負ったのは、「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」で、この代表理事が文春の取材に対して何も活動がないことを認めたそうです。

そこで今回は『持続化給付金幽霊法人サービス協議会代表理事は誰で事業内容や住所はどこ?』ということで、情報をまとめました。

スポンサードリンク

持続化給付金の受注会社が幽霊法人!?


コロナ不況への緊急経済対策として打ち出した「持続化給付金」をめぐっては、手続きの遅れや、入金がなかなかされないなどの不満の声が続出していました。

この仕事を769億円で受注したと言われているのが「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」というところなのですが、経産省から委託された一般社団法人が、実体のない“幽霊法人”だったことが週刊文春のにより明らかになりました。

さらに、社団法人の代表理事が「週刊文春」の取材に対し、「何も活動がない」ということを認めたというのです。

これは、アベノマスクに続き、大きなスクープとなりました。

 

スポンサードリンク

一般社団法人サービスデザイン推進協議会の代表理事は誰で事業内容は?

「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」は、経産省肝いりの『おもてなし規格認証』という制度を運営する団体として2016年5月16日に設立。

HPを確認してみると、団体そのもののHPは存在せず、『おもてなし規格認証』のサイトに代表理事・笠原英一さんのお名前がありました。

事業内容は

経済のサービス化等経済的社会的環境の変化から生じる市場経済の課題解決に向け、新たなサービスデザインとその市場創造を目的とし、その実現のため、次の事業を行う。

1) 経済のサービス化等の市場経済の課題解決に向けた社会的に必要とされる先進的な技術・製品・サービスを活用したサービスデザインとそれによる生産性向上や市場創出を図るために、民間サービスや市場の調査・分析、課題を抽出する事業

2) 新たなサービスデザインとそれによる生産性向上や、市場創出に向けて課題を解決するために必要な規格や認証制度等を含む政策や施策、仕組み、プラットフォーム等を立案・設計・運用する事業

3) 前各号を実行するために専門領域や専門分野を超えて官民が連携して必要な事業やプロジェクト、ファイナンス等を組成する事業

4) 前各号の事業を通じて得られた知見を用いた、新たなビジョン・事業モデル等の提唱・構築、企業・団体等への知見提供及びコンサルティングに関する事業

5) 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する以下の事業

①情報の収集、分析、管理及び情報処理サービス業
②各種マーケティング業務
③広報に関する企画及び制作業務
④イベント、セミナー等の企画、制作、実施運営の業務
⑤コンサルティング業務
⑥民間企業の事業開発の企画、立案業務
⑦基金の設置、運用、管理業務
⑧協議会、委員会、コンソーシアムの組成、運用業務
⑨国内外関連機関との交流、連携、共同事業の実施、事業運営及び業務の受託
⑩前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

引用元:https://www.service-design.jp/administrator/

ということですが、どうしてこの会社に「持続化給付金」の業務を委託をしたのかが全くもってわかりません。

ちなみに、理事の笠原さん自身は取材に対して

「私は電通の友人に頼まれて、インバウンドの研究をやろうと思って入ったんだけど、何にも活動がないから。いつも会議は電通さんでやっていました。電通さんに聞いた方が」

引用元:https://bunshun.jp/articles/-/38064

と、はっきりとおっしゃっています。笠原さん自身はしっかりと研究をやろうと思って入ったのに、何も活動がないとは…。

ということは、笠原さんは肩書だけで名前を貸しているようなもの。

文春によりますと、この団体は電通が国の業務を間接的に請け負うための隠れ蓑として設立されたと言われているようです。

また、パソナ、電通、トランス・コスモスが理事に名を連ねているという情報も。

769億円もの資金は「サービス協議会」を経由し、どこへ流れているのか…経産省からのきちんとした説明がないと国民は納得しないのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

一般社団法人サービスデザイン推進協議会の住所は?

「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」の住所は、東京都中央区築地3丁目17番9号となっています。

運営者情報として公開されているのは住所のみで、電話番号はありませんでした。

文春記者が実際に訪れたところ、9階建てのオフィスビルの2階に事務所があったようですが、インターフォンを何度押しても反応はなかったといいます。

今、かなりの業務に追われているはずですが、ここでは事業を行っていないということなのでしょうか。だとしたら、いったいどこで業務が行われているのか…。