ニュース

大阪環状線侵入急停止させた男の名前や顔画像特定?駅員と鬼ごっこで笑って反省なし

大阪環状線に侵入した男の 名前や顔画像特定?

2月7日午前8時3分頃、大阪環状線の天王寺駅〜寺田町駅間で人が線路内に立ち入り、電車が急停止。

大幅な遅れが出て、通勤中の方や多くの学生が足止めをくらいました。

ニット帽をかぶった男が駅員によって確保されたということですが…いったいどういった考えがあって立ち入ったのでしょうか?

今回は、大阪環状線に侵入し急停止させた男の名前や顔画像などを調査していきます!

大阪環状線に人が侵入し急停止で大幅な遅延発生!

今回、大阪環状線に侵入した男は、午前8時3分頃に線路内にいたところが目撃されています。

そのため、通勤や通学で客足の多い時間帯に電車が停止し、40分以上の遅延が発生したと言われています。

見てください、この人の数!


駅構内だけでは収まらず、コンビニエンスストアの店内から人が出ることもできない状況だったようです。

大阪環状線に侵入した男の名前と顔画像


今回、大阪環状線の線路内に侵入した男がこのニット帽の人物です。

現時点ではまだ名前などは判明しておりませんが、午後のニュースなどで発表される可能性はあると思います。

でも、この男は一体何を考えて侵入したのでしょうか?

電車の中から様子を見ていた人によると

朝から発狂している人がいる 
叫んでいるヤツはいてヤバい
駅員と鬼ごっこ状態
線路内で笑い狂っていた

と、その男が普通の状態ではない様子がわかりました。

酒に酔っていたのか、それとも他に理由があるのか…。

それにしても、多くの人に迷惑をかけたわけですから、それなりの罰を受けてもらわないと困りますね。

線路内に侵入すると問われる罪は?

 

ここで、線路内侵入はどのような罪になるのか調べてみました。

線路に立ち入って列車の運行を妨害した場合、刑法125条1項の『往来危険罪』に問われ、減刑されることもあるが基本的には2年以上の懲役刑。

さらに、立ち入ったことで、列車を止めたり、駅員の業務を妨害したということになれば、威力業務妨害罪(刑法234条)にも該当し、5年以下の懲役または100万円以下の罰金。

鉄道会社から支払い能力があると判断されれば、民事訴訟で多額の賠償請求をされる可能性もあります。

安易な気持ちで侵入してはいけないことがわかりますね。

今回、このようなご意見もありました。

多くの人に迷惑をかけたことをしっかりと反省していただきたいですね。

また、侵入した男が列車に跳ねられる可能性だってあったわけですから、命が助かったことも有難いと思わないといけません。