ニュース

摂津市1500万還付60代男性は誰?事務ミスで過大還付!

清原翔脳出血でアンサングシンデレラ代役は?後遺症復帰時期が心配!

大阪府摂津市が事務的ミスで、60代の男性に対し住民税約1500万円を過大に還付していたことが発覚しました。

男性はすでにこのお金を使っており、返金は難しいとのことで、市は返還を求めて法的手段に訴える意向を示しているとのことです。

今回は『摂津市1500万還付60代男性は誰?事務ミスで過大還付!』ということで、情報をまとめました。

スポンサードリンク

摂津市が事務ミスで60代男性に1500万円過大還付

大阪府摂津市が事務的ミスで、60代の男性に対し住民税約1500万円を過大に還付していたことが発覚しました。

男性が1500万を受け取ったのは2018年7月のことで、1667万5577円が振り込まれていたということです。

その後、ミスに気付いた市側が2019年10月に謝罪をしたうえで、差額の1500万円の返金を求めたところ、男性はすでにお金を使ってしまったということで「返金できない」と返答したそうです。

市側は返還を求めて法的手段に訴える意向を示しているが、男性の代理人弁護士は「返納請求を受けた時点で使い切っていたので、返還義務はない」と主張しています。

市側が訴訟を起こした場合、男性は全面的に争う方針だということです。

 

スポンサードリンク

摂津市が1500万円還付した60代男性は誰?

摂津市が1500万円を還付した60代男性は誰なのでしょうか?

こちらですが、さすがに個人情報ですから男性についての情報は出ておりません。

男性は現在、年金生活をしており、市のミスで給付された還付金は借金返済や株取引の損失補塡に使用したということでした。

還付金の金額が大きいことを疑わずに使ってしまった男性ですが、市側のミスもかなり問題ですよね…。

これだけ大きなお金が動くというのに、市側の担当者や部署のチェック体制も問われると思います。

 

スポンサードリンク

摂津市1500万円還付事務ミスに世間の反応は?

市側がもちろん悪いのですが、60代男性は通常だったら160万円ほどしか振り込まれないものが1500万円も多く振り込まれていることを不審に思わなかったのでしょうか。

ネットの反応では、「気付いていて使ったのでは」と言う声もありましたが、さすがにこればかりは男性にしかわからないことですよね…。

特別給付金でも二重振込をしていた市がありましたが、こういうお金のチェック体制はもっと考えるべきことではないでしょうか。